新川橋(現在は御宿橋と名称が変更されております。)上流です。
両岸はコンクリートで固められており当時の面影はありません。

 現在名「御宿橋」の上から撮られた画と思われます。
右岸のほとりにボート小屋があります。
その先に見えるのが旧地曳き橋と思われます。
絵葉書には記念塔が写っておりません。
昭和三年以前の撮影か、撮影機材・感光剤・技術が
未発達のために空の明るさを落とすことが出来なかったのかもしれません。

 かっての地曳き橋と思われます。
人がやっと通れるレベルの原始的な橋です。

多少時代がいまに近づきました。
橋がやっと一人通れるレベルからやや頑丈になってます。

背景の山の左端にサンドスキー場が見えます。


 漸く橋らしくなった地曳き橋です。
荷車が渡れるレベルの木製の橋です。
その後自動車の通行が可能な橋に架け換わりました。
それから何年かして現在の橋が架けられました。
現在はリゾートマンションが建ち並びプール等の施設もありますが
戦後しばらくの間はこの一帯は砂の原でした
セーラー服の少女は「御宿家政高校」の生徒です。
その高校も少子化の影響ですでにありません。

 現在とは異なり海岸線の砂地の面積は広大なものであったようです。
今の写真はだいぶ海に近い距離で撮影いたしました。
が、絵葉書の写真はもう少し上流で撮られた可能性があります。
いまは住宅が建ち並んでおりますが戦後はまだ砂の原が国道近くまで
広がっておりました。
 この葉書は女性の服装から比較的新しい物と思われます。
画の中のボートは昭和40年頃まで、この河川で貸しボートとして
営業されておりました。
その後、海水浴場で貸しボートと営まれようといたしましたが
波の荒い海には適しておらずワンシーズンで姿を消しました。

 現在の月の沙漠公園付近です。
公営プールは昭和四十年代半ば頃までキャンプ場でした。
砂丘橋はその当時はありませんでした。
岩和田に向かう海岸通りもありませんでした。

 浜方面から地曳橋を渡ると松林でした。
その中の小径を少々歩き振り返った風景です。
当時は人家は殆どありませんでした。